プロポリスの美容効果(発毛・育毛)

薄毛や抜け毛が気になりますか? 抜け毛は、何故起こるのでしょうか。

髪は常に生え変わっていますので、抜け毛は自然の現象として常に起こります。しかし、髪の生え変わりのサイクルの不良で、抜ける量に生える量が追いつかなくなることがあり、これが薄毛の原因になります。

髪の生え変わりのサイクルは、

  1. 髪が作られる成長期
  2. 髪が自然と抜け落ちる退行期
  3. 髪を作らない休止期

からなりますが、3の休止期が長くなると、毛根が退化して、次の新しい健康な髪が生えなくなってしまいます。また1の成長期が短くなることも、薄毛の原因となります。 では、3の休止期を短くするには、どうすれば良いのでしょうか。

毛根に必要な栄養や酸素の供給

成長期が短くなったり、休止期が長くなる原因に、毛根に栄養や酸素が行き渡らないことがあります。

プロポリスには、ポリフェノールの一種であるフラボノイドが、40種類以上含まれています。このフラボノイドには、強力な抗酸化作用がありますが、抗酸化作用により細胞が活発になると、新陳代謝が促進されて、毛根の発毛が促進されます。

また髪の毛は皮膚と同じで、ビタミンやミネラル、アミノ酸などのさまざまな栄養素を必要としますが、プロポリスにはその栄養素の全てが含まれていますので、育毛促進にも効果があります。

ストレスや生活習慣改善

薄毛や抜け毛、つまり髪の生え変わりのサイクルの休止期が長くなる原因には、ストレスや食生活の乱れによる、血行不良や栄養不足もあります。プロポリスに含まれるフラボノイドには、血行を良くすることによるリラックス効果や、自律神経の働きを整える効果もあります。

プロポリスには、フィトンチッドという、樹木や植物が傷つけられた際に放出される、殺菌力をもつ揮発性物質も含まれています。森林浴で健康を維持できるのは、このフィトンチッドに接するからですが、ストレスの緩和や、リラックスにも効果があります。

毛髪の細胞増殖の活発化

北海道大学の農学研究院教授が行った、ブラジル産のプロポリスが毛髪への成長に与える影響の研究では、プロポリスは毛髪の細胞増殖を活発化させることが示されています。

この研究では、ネズミの背部を剃毛し、その部分に、ブラジル産のプロポリスと、比較用のエタノールを、毎日一定量治療塗布しました。その結果、プロポリスを塗布したグループの方が、8日程早く毛が伸びており、また、プロポリスを塗布したグループでは、21日後に、剃毛した部分が全て伸長した毛で覆われた個体がみられています。エタノールを塗った方のグループでは、剃毛した部分全てを回復した個体は、殆どありませんでした。

また、プロポリスを塗布したグループでは、毛根で増殖した細胞の、皮膚の内部から外部に向かう速度が、エタノールを塗布したグループよりも早いことが確認されています。(Miyata S 2014)

使い方

頭皮に直接塗って、マッサージで成分を頭皮に浸透させるのも良いですが、最近ではプロポリスを配合したシャンプーやトリートメントもあります。数ヶ月以上継続して使わないと、効果はなかなか見えませんが、抜け毛が気なる方は、試してみては如何でしょうか。

抜け毛予防や育毛の為、様々な発毛剤や養毛剤が開発されていますが、副作用を起すものもあります。プロポリスは自然のものですから、副作用の心配が無いので安心ですね。

参考文献

・Miyata S.Oda Y.Matsuo C. Kumura H. Kobayashi K., J Agric Food Chem., 2014 Dec 10:62(49) 11854-11861 Miyata S.Oda Y.Matsuo C. Kumura H. Kobayashi K.